アクセスカウンタ

そらプラモ製作中

プロフィール

ブログ名
そらプラモ製作中
ブログ紹介
プラモデル作ってます。
zoom RSS

リア160に 課題も

2017/10/11 17:55
10月は富士でWEC開催で走行枠が少ない。走行日ごと、1枠ごと大切に乗る。

画像

250のリアに160を入れるのはファッションだ。無いわ。そう思っていた時期が自分にもありました。が、スパコル160は値段差以上にライフが増えるらしい。ガチ勢も今や160の時代だとか? で入れてみた。外径が増えてスプロケをロングに振った感じがするが、特にデメリットは感じない。切り返しがもっさりするかと思ったけどそうでもない。寝たときにリアが上がってる。いける。

画像

34秒フラット。祭日のイモ洗いの中よくやった。速い人に引っ張ってもらうよりソロで冷静に確認しながらアタックしたほうがいい感じ。抜くのが下手で、混んでるときに上手い人について行くのはパスが強引になりがちで危険。楽しいし熱いんだけど(笑
スプロケはロングにして、よっぽど頑張らないとパワーバンドから落ちて失速しちゃうくらいのとこでリズムを作って上げていくといい、一周回って、とのアドバイスが効いた。まだ喜ぶのは早いか。33秒入ったらちょっと凄いよー

画像

本当にいいバイク。一枠一枠大切にして噛み締めて乗る。思い返すと、整備も走行も本当に人にお世話になりました。ネットじゃなく現場で。旧いバイクなので。




記事へトラックバック / コメント


フリーパスは無理して走り過ぎて

2017/09/30 22:39
9月は富士ショート夏のキャンペーンのフリーパスで走りこみ。フリーパスだとセッティング中でちょっと走るだけでも勿体無い思いをしなくていい。常時販売してくれるといい。

画像

路面温度が高い夏の間、大体34秒後半くらいで、ベストで34秒5とか。Oさんに引っ張ってもらったりもっちーさん追いかけたり。追走するなら同じミドルクラスの車両の人がいい。SSだと速いところが違うのでリズムが合わない。

画像

どこまで使えるか我慢して、フロントはスリップサインが完全に出るまで使う。画像だとわからないが段減りしててかなり危険な感じ。怖くて突っ込めないし寝かせられないのにそれ程タイムが落ちてない。スムーズを心がけるのが良いのかも?

画像

夏のフリーパスが使える最後の週末9月24日。四輪は満員御礼が出るほど。二輪はそれ程混んで無かったけど、いつものベテラン勢に転倒続出の荒れ模様。朝一にフロントだけ新品に交換して出走。



当日の動画発見。軽量でレーシングスリックのS80がコーナリングスピード最強なのはわかるけど、これストレートも結構速いじゃないですか。真後ろに居たなんてまったく気付いてません。周回遅れのパスタイミングで逃げられたけど、前を走られたら抜くのは不可能。タイムがほぼ同じくらい。個人的に色々勉強になる動画でした。いつかお会いしたら色々聞いてみよう。

で、この枠のタイムが
画像

ベスト更新。どこが遅いか大体わかってる。うんと頑張れば34秒を切れそうな気がしてきた。年齢的に今本気で頑張らないと現世では33秒は出せないだろうし。

画像

この走行枠の後リアが終わる。3枠走るつもりでガソリン持って来たけど2枠走って、悩んでやっぱりやめとく。人のタイヤがコレだったらもうやめとけって言うレベルだし。スプロケはリアが純正、15-42

画像

ルーチンワークの排気バルブ清掃。ピットでバラしてエンジンコンディショナーにドブ漬けして持って帰る。3〜4時間でもちょっとやそっとじゃ落ちないくらいカーボンが着いちゃってるが、掃除さえしとけばトラブルの心配がなくなる。問題ない。2ストである以上、ピストンとシリンダーは油断出来ないけども。
整備環境が欲しいなあ。シリンダー組んでる最中に近所の爺さんに「コレ何cc」とか勘弁(笑



記事へトラックバック 0 / コメント 2


モノ48 デュース その3

2017/09/13 20:31
黒瞬着やシアノンがカッチカチに硬化しちゃったんで買いなおし。しかし瞬間接着剤を使うときには防毒マスクをしないと鼻と喉をやられるから、あまり使いたくない。歳とって変わったのは体質だけじゃない。ゲームのゆっくり話すおっとりキャラのボイスをスキップしなくなった。おっとりおっぱいさんはキャラ被りが多くて一押しが居ない感じ。

画像

翼下面前縁の凹んだ部分に削り易さで光硬化パテを使ったんだけど、やっぱり食いつきが弱くてひびが入って補修の二度手間、三度手間。歪んだパーツを無理くりくっつける旧いキットには向かないか。結局最後は昔ながらのタミヤパテの出番。

画像

塩梅見るのにサフの筆塗り。翼下面は彫ってません。下面パーツはヒケが無くて綺麗だったんだけどなあ…

画像

主翼上面と胴体を合わせるのが一苦労。合わないのを強引に合わせるのに貼りしろが全然足りない。このあと更にプラ板追加

画像

これ以上無理。頑張っても隙間空く。

画像

適当にプラ板クズ詰めてサフ500番筆ぬり。何度か重ねて埋まったら、はみ出た部分は溶剤で綿棒なんかでふき取る。

画像

タミヤパテ。何年か放っておいてチューブの中でいい感じに硬くなったやつが扱い易い。溶剤が減ってヒケにくいし

画像

エレボンのところ、こんな広範囲のヒケが一番嫌。まあこれはまだマシなほうだけども

画像

ノズル部分にリベットとライン追加。元はつんつるてん

画像

シドニアが面白かった。コトブキヤ原作版17式継衛。作者描きおろしボックスアートが嬉しい。だけどこれ、ライフル(超高速弾体加速装置だっけ)が付いてこない。買ってから気付く。まあいい。作中ではとてもかっこよかった。色があっさりで、よっぽど塗装を頑張らないとかっこよく出来ないと思う。
10年代ロボアニメで面白かったのはこれとガルガンティア。チェインバーのキットも気になってはいるんだけど


記事へトラックバック / コメント


ガラスのパワーユニットと付き合う

2017/08/30 18:35
思い起こせば初めて引いたSSRが北条加蓮。病弱どんとこい。面倒見るうちに愛に変わる。

画像


2015年に買った当時で実走3000kmの2stレプリカってのもSSレアに違いない。NSRなら良かったとか思ってないんだからね!

画像

ちょくちょくバラす都合でLLCなんか使えない。朝イチに水道水入れて走行後に抜く。冷却水のキャップのところに口つけて吹き込むとよく抜ける。なんかどんどん面倒な仕様になってる。
いい感じにキャブセッティング出したら、デイトナのターボフィルターはヤバイからと止めることを強く勧められる。で、以前使っていた汎用の12mm厚フィルターでセッティングしなおす。湿式フィルターはオイル量が超重要ってことで、管理しやすいエアゾールタイプのフィルターオイルを使ったら、同じフィルターでも適当にオイル染みこませてウエスで絞って使ったときよりもずっとエアを吸う感じ。こんなに吸うなら純正フィルターでもいいかもしれない。現在MJは300番より上。右が一段大きい純正指定どおりだと、右が濃くて左が薄いプラグの焼け具合になるんだけど…先日齧ったのは右シリンダーなんよね。左のが危ないって話も聞いたし、はっきりいってよくわからない。どっちも危ない。
上が回らないボコつきにも色々あって、ブワブワ来る元気のいいボコつきはいいが・・・そうでない曖昧なところで、今までなんとなく濃いと判断していたときに、実は薄かった可能性がある。経験するしかないところ。とにかく毎回必ずプラグチョップ。
右シリンダーの齧りに関しては、MJ絞ったのもいけないが、タイムが昨年よりあがったのに同じスプロケでBコーナーで回し過ぎていた部分が大きいと思う。真夏のうだるような暑さのときには、気持ちよく12000rpmより上まで回るようなセッティングをしちゃ危険、たまにボコつくくらいでいいんじゃないかと。あと細かい話だとオイルが違う。昨年は同じキャブセッティングでA747、今年はエルフmoto2race エルフならもっと高い976辺りを入れるべきか。ペトロナスやモチュール800もお勧めらしいが

画像

自分でペーパーで磨いたシリンダー。慣らし50分+全開100分走行後。実際には色々チェックしながらなので150分は走ってませんが、心配なので開けてみる。傷を消した部分がへこんで、ピストンが擦ってないのがわかる。組む前にバイク屋の旦那に見せにいって一応OKもらってるし、暫くは問題ないんじゃないだろうか。

画像

全開100分だとピストンは新品と変わらないが

画像

シビアコンディション(サーキット)では走行毎のOH洗浄が指定されている排気バルブ。。

画像

エンジンコンディショナーにドブ浸け。元々黒いコーティングがあった部分が剥離していて、元の色だかカーボンだかよくわからん。あとバルブの一部がシリンダーのポート側面に当たるみたいなんだけど、問題なさそうなので当たって変形した部分のバリをペーパーで削る。シリンダーだけ組んでバルブは後日組むことに。走行毎OHは流石に面倒だけど、3時間毎くらいでやっていきたいなあ。なるべく。



♪ 神様〜がくれた〜時間はこぼ〜れ〜る〜 あとどれ〜くらいかな〜♪
今はアイドルと担当Pという関係ですが、いづれは結婚したいと思っとります。

記事へトラックバック / コメント


モノグラム48 F-102A その2

2017/08/12 13:08
さぼってる間に近所の模型屋が二つ潰れて、もう一軒も生き残ってない。元々近視だったのが老眼が進んで、今じゃ裸眼で快適に手元作業が出来るようになったし、核戦争で世界が滅ぶ前に宿題片付けましょ。今やりあってる二人揃って、フルシチョフとケネディ程に分別があるようには見えない。

画像

コクピットから外が見えるくらい隙間が。インスト通りに胴体を張り合わせてからバスタブ入れるのは無理なので先に仕込みました。

画像

組んじゃえば外は見えないんだけど、ホコリが入りそうね。まあいいか。ジェットインテイクも浅いところでがらんどうになってるのがちょっと気になる。48はでかいし。

画像

ジェットノズルはインスト通りに先に胴体に仕込むと継ぎ目が消せないので、後ハメ。

画像

このキット、翼端が後期のケース20。で、前期のケース10に改造したんだけど、モノグラム48のF-102はどっちのタイプのキットもあるみたい。金型の分割部に段差がある。…大昔の写真箱じゃなきゃ、シュリンク開けて中見ないとどっちのタイプが入っているか判らないのでは? 

画像

主翼上面パーツに合わせる為に胴体につっかい棒。モノグラムの中では元々のパーツの合いは悪くないほうと思うけど、変形はどうにもならんね。かなり強引に合わせているのでちょっと心配。

画像

これも強引に張り合わせ。厚さを合わせるのに、部分的に0.3mmプラ板仕込んで削り合わせてる。

画像

モノ48F-105Gに付いてたおまけブックレット。センチュリーシリーズ全部のコクピットがカラーで載ってた。お買い得だったなあ。レベル箱だったかも。記憶が曖昧。

記事へトラックバック / コメント


RGV250ガンマ・アプリリアRS250 排気バルブの核心

2017/08/02 18:24
熱膨張

画像

熱膨張は馬鹿にならない。言われるまで気付きませんでした。熱でバルブが膨張する。カーボンが溜まると動かなくなって壊れる。壊れたあとバラすときにはスコスコ動いて抵抗がないのは、エンジンが冷めたら当たり前。クリアランスが大きくてカチャカチャ暴れて振動で壊れるなんて素人考えでした。マメに掃除しておけばそうそう壊れない。ごもっとも。

画像

膨張の話ついでだと、排気ポートの真ん中の柱の面が、熱で膨張したときの対策にえぐられてる。レーサーだとこの柱は要らないから取っちゃう部分らしい。

画像

昨年秋に壊したときにプロに相談に行っとけば今回のトラブルは多分防げた。シリンダーのキズ消しもバイク屋の旦那に教わったのと、何処かの誰かがネットで公開していたのと違う。これめっちゃ大変です。自分の手で磨いたシリンダーは不安と期待でいっぱい。
何に限らず、仕事で毎日向き合ってる人からしたらみんな素人。プロの腕もNからSSレアまで色々でしょうが。

まあでも、一部で悪名高いVガンマのエンジンで50時間以上全力で走ってコース上で焼いて止まってないから、そんなに悪くはないと思いたいです。素人なりに。前向きに。








記事へトラックバック / コメント


アプリリアRS250(に限らないと思うけど) やっちゃいけないこと

2017/07/28 22:18
サーキット走行の時間あたりに必要な整備を甘く見すぎだったと反省。いろいろやらかして来てるし、現在進行形でも間違いをやらかしてるかもしれない。ネットの情報の活用は自己責任で。何か不安があったら、私のような半可通に聞いてわかった気にならないよう、プロに現物を見せて教えを乞う方向でお願いします。まじで。

画像

不安になって腰上を開けてみたら左は問題なかったが、右シリンダーに良くない感じで傷が入ってたので、バイク屋の旦那に見せに行く。

画像

右のピストンがかじってる。走る分には異常は気付かない。

画像

この程度ならペーパーで消せる範疇という旦那の判断で、再利用すべくこつこつペーパーがけ。傷の中に溶けて入ったピストンのアルミを取り除く。傷消して組んで、何時間か走ってまた開けてチェック、ダメなら新品シリンダー買うことにする。再メッキじゃなくてね。

画像

デトネ痕が…画像じゃわからないか。要するに薄かったんですが。壊れたって言うより、素人が壊したってのが正しい。


やっちゃいけなかったこと二つ。
・ノーマルのメインジェットより絞らない。真夏で濃い感じにボコついちゃっても、MJの番手は純正より絶対に下げないで、吸気を増やす。ボックス加工なり社外フィルターなりで。ガソリンはシリンダーとピストンを冷却しているので減らしちゃダメ。
・3秒以上レッドに入れない。富士ショートのBコーナーでスプロケの都合、思いっきりレブらせてました。3秒も無かったとは思うけど、絶対やっちゃダメ。上を無理に使わないスプロケに合わせる。
回すなとは言ってないし、回るチャンバーを使うなってことではない。注意。


サーキットは究極のシビアコンディション。ノーマルに近い仕様だから多少手荒に扱っても大丈夫、なんてことはなかった。ミニサーキットでもこれなので、国際レーシングコースだったらと思うと恐ろしい。もう、しつこいくらいしっかりキャブセッティング出す。混合比も40:1から20:1の間で調整。で、時間でエンジン開ける。必要不可欠です。反省中。

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

そらプラモ製作中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる