アクセスカウンタ

そらプラモ製作中

プロフィール

ブログ名
そらプラモ製作中
ブログ紹介
プラモデル作ってます。
zoom RSS

初スポーツランドやまなし

2017/04/13 15:48
ヤフーカーナビのデレステボイスが楽しくてたまらん。性欲強そうなちゃんみおのはしゃぎっぷり。常に汗ばんでフェロモン出してくる感じで。

画像

圏央道が出来て中央道へのアクセスが良くなり、平塚から2時間で韮崎まで行くことが出来るように。SLYことスポーツランド山梨に遠征。最後の道がとんでもない奥の細道で、シャコタンだと辿りつけないかもしれない。入り口のコース下を潜るトンネルが狭くて、でかいトランポだと入れないかも。駐車場が狭いけど、ゴールデンウィークやイベント時はどうなんだろう。甲府盆地に来ると南アルプスが綺麗だね。

画像

ピットが斜めってる。4月の平日、暖かい陽気だったんだけど、自分以外は四輪が一人、二輪がもう一人。富士ショートより更にのんびりムード。コースレイアウトはアップダウンが激しくてたっのしー。路面がバンピーだけどグリップは良いような?そう思って調子に乗ると滑るようで、滑ってるんじゃなくて路面の割れ目継ぎ目で飛ばされてる? 最終コーナー手前の右が気持ちいい。けど最終コーナーはランオフが無くて不安。標高が高いみたいで、キャブが濃くなってる感じがする。タイム出すならスプロケが合ってない。あと、磁気ラップタイマー(Ziix)が使えないので、次来るなら赤外線の奴を持ってこなきゃ。

画像

いろんな意味で峠っぽいので度胸が試される感じ。楽しいコースなのでまた来たい。高速代片道4000円をケチって帰りは下道。「意外と早かったね」とカーナビのしぶりんに言われるくらいで、ボロトランポも調子良くて思ったよりは楽だったけど、途中河口湖山中湖と観光地を通るので週末や観光シーズンは使えないだろうなあ。





記事へトラックバック 0 / コメント 6


トランポ2号発進

2017/02/20 11:36
レンタルコンテナ借りようか悩んで、結局増車。ステップワゴンRF3 13年落ち11万キロ。
トランポ1号スクラムバンは畑用に。

画像

床が低いからラダー一本で積み下ろし出来るよ。リアゲート開口部の上下が大きくて、スクリーン付けたままでいける。すごーい。たのしー

画像

ひろーい。2年持ったら次は4ナンバー貨物登録に挑戦だー。2年で捨ててもいい値段だったけど(笑

画像

aprilia RS250 2017仕様。
アッパーとシートカウルのコケ傷は補修して2液ウレタン缶スプレー塗装。フュエルタンクを前期型のものに換装。ポン付け可能。後期型より低い。より深く伏せることが可能で実戦的。横からの見た目がケツ上がりになって、GP250ワークスマシンRSV250に近い。あと、ラダー一本でトランポに積むとき、タンクが低い分右腕が突っ張らなくて楽。
フュエルコックのOリングは桜シールの直販サイトで1個24円。便利な世の中になったよ。

画像

寒くてタイヤ滑ってこわーい。楽しくなーい。タイムどころじゃなーい。空気圧が全然上がってないどころか走行後に下がってる。
4月から本気出せばいいや



記事へトラックバック / コメント


不完全燃焼な秋

2016/12/24 20:51
P5めっちゃ面白かった。久々に面白いゲームに熱中。JRPG最高ですわ。
この秋はエンジントラブルやら転倒やらいまいち思いっきり走れなかったけども。

画像

12月23日 富士本コースで走り収め。しかし当日は季節外れの暖かさで冬仕様のキャブセッティングが合わず、5速から上が吹けない。焼くのが怖くて気持ち濃い目で運用してるんだけど、3速4速までしか使わないショートコースで問題なくても、本コースで最高速出そうとするとダメだったりするのよね。いい季節なら現場でキャブ開けるけど、寒いしモチベーション上がらず1枠走って撤収。今期を象徴するようなシーズン終了でした。

画像

前後するけど、9月最後の富士ショートで右シリンダーの排気デバイスのバルブが壊れる。アプリリアRS250/RGV(VJ22)で有名な「出っ歯」「ギロチン」等と呼ばれるトラブル。即ピットインで、シリンダーは無傷で済んだけど、割れたバルブと壊れたピストンを交換

画像

念のため左のシリンダーも開けて、勢い腰上オーバーホールに。パーツは全部まだ出る。後から聞いた話だと海外に社外で材質の違うバルブもあるとか。あと、排気バルブカバー、いわゆる「オタフク抜き」は昔リメッサのレースパーツにもあったそうだけど、バルブが割れるのとはあんまり関係ないとも聞く。VJ22を長年現場で使ってる人からの話。持病だから諦めて準備しとけと。ネットの話はあくまで話半分で、現場で経験とスキルのある人に聞くのが一番だと思っとります。そうネットに書き込むのも矛盾してるけど。
整備性はかなり良いので素人作業でも楽。昔腰上OHしたNSRより楽かも。

画像

で、せっかく直したのに11月にショートの2コーナーで転倒。直後の写真は無いけど、車体と体ともダメージはたいしたこと無かった。1年使ってないX12をがっつり路面にぶつけたくらい。路面温度が低かったのもあるけど、単純にライディングのミス。1コーナーをゆっくり入っちゃって、2コーナーに向けて加速してフロントのトラクションが抜けた状態で右に曲がってそのままスリップダウン。集中力不足でリズムが狂った感じ。
もう見た目から溢れる小僧臭さが隠せない。人間出自は隠せないというか(笑

画像

のんびりショートのパドックでタイヤ交換も、もう手慣れたもんです。フロントは120/70。リアの車高上げとフォーク突き出しでコースでいい感じだけど、パドックなんかごく低速だとすごく切れ込んで怖いくらいで、街乗りでは使えないと思う。山が自宅から近ければナンバー取ってもいいかな? コンビニの駐車場でこけそうだ。

画像

秋のいい季節、日光サーキットかスポーツランド山梨あたりに遠征しようと思ってたんだけど、タイミング悪くトラブル続きだった。来年は果たしたいなあ。









記事へトラックバック / コメント


富士ショートのまあまあのタイムが出た。かな?

2016/09/25 17:54
9月は雨ばかりで農作物の生育が悪いし、走れないしで、やっと晴れた行ける日が週末。

画像

空いてるはずの後半の走行枠狙いで遅く出たら、空いてるスペースがこんな端に。正月かGW並に混んでた。週末に来ると知り合いがいっぱい居て楽しかったりもするのだけど。

画像

34秒台出た。クリアラップ取るのが上手くいった気がする。リヤタイヤが終わりだったり、コース外から見てた人のアドバイスだとか、まだ伸びしろはある。次のタイヤで34秒前半? どうだろな

画像

ファイナル14-41。フロント、スーパーコルサSC1の120/70、350分。リアはα-13spの150/60、550分。どっちも途中で逆履き。
1コーナーから3コーナーは特にまだまだ甘い感じで、GPSロガーの導入を検討中。

画像

フロントフォークはプリロード全抜きでフルストロークしていないが、悪くは無いと思う。フォークオイルはホンダ純正。SHOWAのフォークでパーツに互換があるCBR600RRの指定のやつ。

画像

いままで乗ったバイクで一番気に入ってる。今風に言うとライダビリティーが高くて楽しい。転ばない。
そろそろキャブセッティングを見直さなきゃいけない季節。まだ夏仕様だけど。



追記



当日の動画発見。E枠かな。 1:30くらいに出てきます。撮影者さんとは直接面識は無いけど、まだRS250に乗り始めの頃にトランポに載せるのを押して手伝って頂いたような覚えが?




記事へトラックバック / コメント


残暑お見舞い申し上げます

2016/08/19 09:38
俺の青春を返せ的な企画のアプリリアRS250。もう一周年。光陰矢のごとし。

画像

もうちょっとのところで富士ショートの35秒が切れない。小さいことからコツコツと〜で、マメにブレーキの揉み出しなんかもやるようになった。曲がらん曲がらんと言われるアプリリアRS250だけど、何と比べて?って、そりゃNSRなんかと比べたら何だって曲がらないバイクだろうに。認めたくないんだけど(笑)
自分がNSRに乗ってた京都高雄時代は20年以上前になるので、NSRとアプリリアRSを比べてハンドリングがどうか?なんてもうわからない。エンジンはMC21のが良かったな。

問題のフロントの3.5インチリムに何を入れるか。純正指定120/60のレースタイヤが無い。
α13Hなら120/60があるけど、富士ショートコースは路面が食わないので、出来ればレースタイヤを使いたい。私のような素人はタイヤをケチったらダメ。それでスーパーコルサの110/70を入れたのだけど、これは普通に使える。2セット使った。そのあと同サイズのα13spを入れたのだけど…

画像

リムに引っ張られて潰れちゃって形が変だし角の角度が…。ダンロップのカタログでは110/70に3.5インチリムは許容範囲なのだが。鈍感なワタクシでもちょっとこれは…「フィーリングが悪い」
タイムはスパコルと変わらなかったんだけどね。

画像

で、スパコルSC1の120/70を入れる。フロントの外径が120/60から2cm近く大きくなってる。フロント突き出し、フェンダーはネジ穴開けてかさ上げ。昔の400や600のレーサーで純正指定が120/60の車両ではよく使われていた手らしい。4枠(100分)乗ったところ、これが今までで一番良い感じ。これで35秒切れそうな気がしてきた。
リアはまだα13sp、ショートコースだけなら逆履きで10時間くらいいけそうな予感。

画像

スプロケは現在少しだけロングに振って14-41。速度の落ちる3コーナーは1速。色々試して、いつのまにかスプロケがフロント、リヤとも4枚ずつある。14-40Tか41Tあたりで行けそうな? 
チェーンはRKのTRU。

画像

8月17日。せっかくやる気になったところで、3コーナーの路面が派手に荒れてる。暫くはタイムアタック出来ない感じ。午後コース貸し切りで追い出されちゃって整備もできなかった。


画像

別の日、富士スピードウェイの帰りに丹沢湖に寄り道してバス釣り。3匹釣れた。バークレイのパックロッドはベナベナでワームの当たりがさっぱりわからない。ダム湖は水辺までの上り下りが辛い歳。

画像

今年の夏はピーマンとゴーヤが豊作。去年ゴーヤはダメだったけど同じことやってても毎年違うから面白い。

画像

泥除けとカゴ付きで良い感じに実用車になってる。このバスケット、リアキャリアにアタッチメント着けて、ワンタッチで取り外しが出来る。便利ではあるんだけど役に立ってない。せっかくの新鮮野菜もリヤカゴに入れて運ぶとボコボコ揺られて家に着くまでに傷んじゃうので、バックに入れて背負うしかないのであった。

画像

A747やエルフMOTO2RACEで作った混ガスの残りを食わせている、言わばレーシング草刈機。瞳を閉じれば2ストロークレーシングサウンドと全日本の香りが私をサーキットへと誘う。







記事へトラックバック / コメント


ヘッドライト(撤去した後の穴を塞ぐ)カバー自作

2016/07/14 18:45
プラモのブログだったんだよね元々。モデラーなので出来ること

画像

ヘッドライトAssyと角棒と硬質塩化ビニール板

画像

角棒を枠にビス止めして、ガスコンロであぶる

画像

柔らかくなったらヒートプレス。ヘッドライトには念のためシリコンスプレー。一発勝負で決めなきゃいけないかと思ってたらそうではなく、上手くいかなかったら温め直すとまた平らな板に戻るのでリトライ出来た。固まりだして、概ね形が決まった後に微妙に収縮するのでカーブが思ったようにならない。

画像

切り抜いて、伸びて粗くなった表面をピカールで磨いたもの

画像

裏からテープで貼り付け。強度的に不安ではある。本コース大丈夫かしらん。エアロダイナミクスに優れる?どうだろな

画像

3枠気合入れて走るつもりだったんだけど、B枠で暑すぎて気分悪くなって止め。平日だけど、往年の2st名車が4台も居て豪華だったなあ。この2016年に後方排気TZRとか89NSRとか、コースで全開に出来るコンディションて
記事へトラックバック / コメント


シマノ トラスティックS810Mと畑の動物と

2016/07/08 22:03
デレステ(無課金)、ガチャ単発6回でSSRが2枚出た。限定ちゃんみお&新田美波。もう今年の運は使い果たした感じ。そこじゃない。そんなところで使ってどうする。


画像

朝5時の大磯海岸。平日なのにこの人出。釣れてるのかと期待したら、全然釣れてない。ノー感じ(田辺哲夫風)ホワイトバードも居ないし。

画像

後日、というか今日。めげずにまた行く。全然気配なくて、投げ釣り師が弓ヅノからキス仕掛けに換えだす6時過ぎ、ペンペンシイラが釣れたよ。自転車釣行用に何年ぶりかに買った新しい竿、シマノの4ピースのパックロッド、トラスティックS810M。メジャークラフトの9ft6inのが欲しかったが欠品でこれに。ちゃんと表示通り42gがフルキャスト出来るし、意外と軽い。安物らしいボヨンとしたブランクだけど、値段の割には良いんじゃないでしょうか。
ペンペンは2本釣って、つぼ抜きで内臓とって塩コショウして小麦粉まぶしてバターで焼いて、その日の朝食になった。薄っぺらで食うところ少なかったな…

画像

夏野菜の季節。高齢化で家庭菜園も虫食い状態に空きが出来ちゃって、今年は区画整理があって成り行きで200坪も引き受けるはめに。

画像

畑に来るどうぶつたちに新しい仲間、鹿さんが加わったよ。枝豆全部食いやがった。ざっけんなぶち殺すぞ!
釣りなんかより猟師になって害獣駆除しなくちゃだよ。



このあいだのゴールデンウィークの富士ショートの取材はヤングマシン付録DVDだった。この、37秒付近の背景に私が映っております。ヤンマシ7月号、わざわざ買ったんだけど、途中のトーク中にアプリリアRS250のレーシング暖気が聞こえてます。この日はタイガのレーシングチャンバーを組んだ初日だったんだよね。何か取材かなとは思ったけど、まさか坂田和人が来てるとは思わなくて、空気読まずにやっちゃいました(笑)

画像

6月はあまり来れなかったので、今月は頑張って走りこみたい。色々パーツ組んでトラブル解消して、季節の変わり目でキャブセッティングもしなくちゃで、全力で走れなくてもタイヤは無常に減って行くのであった。次はα-13spだ。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

そらプラモ製作中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる