アクセスカウンタ

そらプラモ製作中

プロフィール

ブログ名
そらプラモ製作中
ブログ紹介
プラモデル作ってます。
zoom RSS

モノグラム48 F-102A その2

2017/08/12 13:08
さぼってる間に近所の模型屋が二つ潰れて、もう一軒も生き残ってない。元々近視だったのが老眼が進んで、今じゃ裸眼で快適に手元作業が出来るようになったし、核戦争で世界が滅ぶ前に宿題片付けましょ。今やりあってる二人揃って、フルシチョフとケネディ程に分別があるようには見えない。

画像

コクピットから外が見えるくらい隙間が。インスト通りに胴体を張り合わせてからバスタブ入れるのは無理なので先に仕込みました。

画像

組んじゃえば外は見えないんだけど、ホコリが入りそうね。まあいいか。ジェットインテイクも浅いところでがらんどうになってるのがちょっと気になる。48はでかいし。

画像

ジェットノズルはインスト通りに先に胴体に仕込むと継ぎ目が消せないので、後ハメ。

画像

このキット、翼端が後期のケース20。で、前期のケース10に改造したんだけど、モノグラム48のF-102はどっちのタイプのキットもあるみたい。金型の分割部に段差がある。…大昔の写真箱じゃなきゃ、シュリンク開けて中見ないとどっちのタイプが入っているか判らないのでは? 

画像

主翼上面パーツに合わせる為に胴体につっかい棒。モノグラムの中では元々のパーツの合いは悪くないほうと思うけど、変形はどうにもならんね。かなり強引に合わせているのでちょっと心配。

画像

これも強引に張り合わせ。厚さを合わせるのに、部分的に0.3mmプラ板仕込んで削り合わせてる。

画像

モノ48F-105Gに付いてたおまけブックレット。センチュリーシリーズ全部のコクピットがカラーで載ってた。お買い得だったなあ。レベル箱だったかも。記憶が曖昧。

記事へトラックバック / コメント


RGV250ガンマ・アプリリアRS250 排気バルブの核心

2017/08/02 18:24
熱膨張

画像

熱膨張は馬鹿にならない。言われるまで気付きませんでした。熱でバルブが膨張する。カーボンが溜まると動かなくなって壊れる。壊れたあとバラすときにはスコスコ動いて抵抗がないのは、エンジンが冷めたら当たり前。クリアランスが大きくてカチャカチャ暴れて振動で壊れるなんて素人考えでした。マメに掃除しておけばそうそう壊れない。ごもっとも。

画像

膨張の話ついでだと、排気ポートの真ん中の柱の面が、熱で膨張したときの対策にえぐられてる。レーサーだとこの柱は要らないから取っちゃう部分らしい。

画像

昨年秋に壊したときにプロに相談に行っとけば今回のトラブルは多分防げた。シリンダーのキズ消しもバイク屋の旦那に教わったのと、何処かの誰かがネットで公開していたのと違う。これめっちゃ大変です。自分の手で磨いたシリンダーは不安と期待でいっぱい。
何に限らず、仕事で毎日向き合ってる人からしたらみんな素人。プロの腕もNからSSレアまで色々でしょうが。

まあでも、一部で悪名高いVガンマのエンジンで50時間以上全力で走ってコース上で焼いて止まってないから、そんなに悪くはないと思いたいです。素人なりに。前向きに。








記事へトラックバック / コメント


アプリリアRS250(に限らないと思うけど) やっちゃいけないこと

2017/07/28 22:18
サーキット走行の時間あたりに必要な整備を甘く見すぎだったと反省。いろいろやらかして来てるし、現在進行形でも間違いをやらかしてるかもしれない。ネットの情報の活用は自己責任で。何か不安があったら、私のような半可通に聞いてわかった気にならないよう、プロに現物を見せて教えを乞う方向でお願いします。まじで。

画像

不安になって腰上を開けてみたら左は問題なかったが、右シリンダーに良くない感じで傷が入ってたので、バイク屋の旦那に見せに行く。

画像

右のピストンがかじってる。走る分には異常は気付かない。

画像

この程度ならペーパーで消せる範疇という旦那の判断で、再利用すべくこつこつペーパーがけ。傷の中に溶けて入ったピストンのアルミを取り除く。傷消して組んで、何時間か走ってまた開けてチェック、ダメなら新品シリンダー買うことにする。再メッキじゃなくてね。

画像

デトネ痕が…画像じゃわからないか。要するに薄かったんですが。壊れたって言うより、素人が壊したってのが正しい。


やっちゃいけなかったこと二つ。
・ノーマルのメインジェットより絞らない。真夏で濃い感じにボコついちゃっても、MJの番手は純正より絶対に下げないで、吸気を増やす。ボックス加工なり社外フィルターなりで。ガソリンはシリンダーとピストンを冷却しているので減らしちゃダメ。
・3秒以上レッドに入れない。富士ショートのBコーナーでスプロケの都合、思いっきりレブらせてました。3秒も無かったとは思うけど、絶対やっちゃダメ。上を無理に使わないスプロケに合わせる。
回すなとは言ってないし、回るチャンバーを使うなってことではない。注意。


サーキットは究極のシビアコンディション。ノーマルに近い仕様だから多少手荒に扱っても大丈夫、なんてことはなかった。ミニサーキットでもこれなので、国際レーシングコースだったらと思うと恐ろしい。もう、しつこいくらいしっかりキャブセッティング出す。混合比も40:1から20:1の間で調整。で、時間でエンジン開ける。必要不可欠です。反省中。

記事へトラックバック / コメント


ギロチン5秒前 (追記あり

2017/07/23 12:35
取り急ぎ排気バルブをOHしたら壊れてた

画像

左シリンダーのバルブの中間のピンが緩んでグラグラ。そしてスプリングリテーナーを止めるビスが緩んで飛んじゃって、バルブが暴れて金属粉が。ほんとシリンダーに落ちる寸前。

画像

バルブのピンが抜けるのと、スプリングリテーナーが飛ぶのとどっちが先だったかはわからない。バルブが暴れて、外側のビスが当たっていた部分が磨耗してる。壊れてない側もこれじゃもう使えない。
構造に対してバルブの強度が足りない、それはみんな知ってる。バルブ破損の直接の原因は、カーボンが溜まって動かなくなって壊れるって話がある。それもあるんだろうけど、それだけだとRS250を街乗りに使ってる人が、○年○万キロ平気デスヨ〜って言う説明がつかない。お尻の汚れた、いかにもカーボン溜めてそうで、一度もバルブを掃除をしていない車両が何万キロもOKで、こちらはレーシング暖気からの全開走行のみ、アイドリングはほぼしないし、サイレンサーエンドなんかいつも乾いてるんですが? 前回のギロチンからのOHから21時間。カーボンスラッジを嫌って植物系オイル(A747)はやめて全化学合成油にしてたんだけど。。

画像

前回、昨年9月に壊れたバルブ。サーキット走行開始から多分30時間くらい。今回とはパターンが違う。で、原因は、もっちーさんが言ったように、振動で割れるってのに一票。全開走行の振動で、時間で割れちゃう。そう考えれば回さないエンジンなら何万キロでも平気なんじゃないですかね。まあ原因はどうあれ、対策はとにかくマメにOHするしかない。バルブをばらすのはそんな手間じゃないんだけど、左にアクセスする為に冷却水を抜くのがめんどう。そして時間管理で新品に換えるといい。言うのは簡単だけど…
あと、前回のバルブ破損からの出っ歯のときのメモを見返してわかったのが、直前にアイドリングに違和感がでる。停止する度に微妙に高かったり、低かったり、いつもと変わらなかったり。多分バルブの位置がその度に変わっちゃって、もう本当にシリンダーに落ちる寸前。参考までに。

「メーカーの瑕疵」「今の世ならリコール対象」 確かにそうかも。でも、この2017年にまだ新品パーツがスズキから出るのは本当に有難い。とりあえず排気バルブ4本全部新品に入れ替え。AF1 racing のアプリリア純正は一個411ドル! 買えるかそんなの。アプリリアのは対策品?俺のは普通に壊れましたよ。純正エアクリとCDIで、ガチなレース仕様じゃないからと舐めてたところはある。心を入れ替えて明日からこまめにOHする。次はピストンが心配になってきた。

直せるうちは直せるし乗り換えも出来る。けど、2stをサーキットで元気に走らせてる人間は、今いるメンバーで最後なんだろうな。がんばろ。



追記

Vガンマでレースやってた某SBSの旦那に聞いてきた。
シビアコンディションだと、排気デバイスは走行毎にOH、綺麗にしておけばそう簡単には壊れない部分だそうな。組むときに良いケミカルを使う。
ピストンはレース毎交換、リングはピストン一個につき2〜3回。
あと、良いオイルを使うこと。
下手に考えないですぐ聞きに行きゃよかったというか、もっと早く言ってくれよと。
当時は常識だった? もう四半世紀前の話だしなあ。
記事へトラックバック / コメント


よくない感じ

2017/07/17 11:24
デレステとミリシタでスマホ老眼一直線。ミクニのメインジェットの番手が読めないよ。260?280?

画像

所謂「オタフク抜き」のキャッチタンクを左右シリンダーで別にしてる。左右で溜まる量が全然違う。バルブカバーの角度の都合、それはいいんだけど

画像

左側キャッチタンクに溜まる真っ黒オイルが、使い古しのエンジンオイルみたくなんかキラキラしてる。金属粉!? 右にはなく左側だけ。もとからこうだったっけ? ここから出るオイルに細かい金属粉が混ざる要素って?
何か問題ありそうな嫌な予感がする。走っても異常はわからないしタイムは出てるんだけど? 抱きつき? デトネ? 右じゃなくて左が?
昨年秋のバルブ割れ時の腰上OHでは異常の無かった左はピストンリングだけ交換、ピストン上面にちょっとカーボンがあっただけで、ピストン、シリンダー共綺麗なもんだったけど… 組み間違えがあったのならとっくに壊れてそうだが? 一年以内に排気デバイスの掃除はするつもりだったけど、多分バルブは関係ないと思う。安物ファイバースコープ買ってEX側からシリンダー見るか、いっそ開けるか。左は面倒なんだよなあ。そもそも問題あるんだろうか?

画像

フロントタイヤ、以前はまだ使えそうでもリアが無くなると同時に換えてたけど、もったいないのでケチってとことん使う。TZR-SPRのガチ勢のお方からフロントはリアの3倍使えるって聞いて。3倍は盛ってるでしょ(笑

画像

燃える男の赤いトラクター。借り物ですが。今年はテントウムシダマシ大発生でジャガイモが不作、ナスもひどい。ニンジンやタマネギは良かった。

画像

ちょろい柵でも今年はカボチャがまだやられてない。大磯界隈での昨年のイノシシの駆除数が200頭越えたそうで。200頭て

記事へトラックバック / コメント


アプリリア RS250 二周年

2017/06/06 23:24
富士スピードウェイショートコース週末のおっさんレーサーレプリカタイム、バイクがヤレるか体がついて行かなくなるのが先かって感じ。アプリリアRS250、街乗りの人は壊れないって聞くけど、コースで使ってるひとをあまり知らないのでRGV(VJ22)の話だと、とにかく壊れるって話。昔小僧をやってた時分もVガンマは評価がアレだったけど。ま、壊れたら直せばいいんだけどね。

画像

横から見た形がシートカウルよりタンクが低くてケツ上がりで、レーサーRSVに似る前期型フュエルタンク。コーナで体を入れたときに肘の内側でタンクをホールド出来る。Mk.2のタンクはなんであんな形になっちゃったんだろう。こっちのがしっくりくる。そもそもアプリリアRS250は後期より前期型のがコンパクトでかっこいいと思ってるんだけども

画像

タイガパフォーマンスのバックステップはモノは良いがステップバーが擦ってしまうので、バトルファクトリーのミニバイク用65mmに換える。これ、プラ部分込みで65mm。最初は足外れそうで怖かったが、すぐ慣れた。

画像

ハイスロφ40mm シビアなブレーキング時のシフトダウンのブリッピングにあると楽。ギアの離れた2→1の時に。キルスイッチはとりあえずカウルステーに移設。

画像

今日も今日とてスパコル裏履き。めんどい。200分だともう手遅れっぽい。右コーナーはやんわり曲がることにしてケチって使う。

画像

普通にアクスルナットを締めこむと右側がチェーンアジャスタから離れる。手順をちょっと工夫すると一発で決まるが、アクスルナットを締めこむとチェーンの遊びが大きくなるのでそれも計算に入れないといけない。流石に慣れたけど。

画像

タイガのステップキット付属のカーボンのヒールプレートの右が割れたので、右だけ純正のヒールプレート。そのままだとチャンバーに当たるのでネジ穴加工したりとか、ずいぶん前のことだけど。

画像

誤差でアテにならないと噂のZiixラップタイマー。言われてみるとPラップで同じ位のタイムの人に置いていかれるような?
タイガの安物スクリーン(20ドルくらいだっけ)は良くない。値段なりに金魚鉢。

画像

体力維持のために日頃自転車移動をしているので、ニッキー・ヘイデンは他人事じゃない。どうしたらいいかわからない。どうしようもない。








記事へトラックバック 0 / コメント 2


初スポーツランドやまなし

2017/04/13 15:48
ヤフーカーナビのデレステボイスが楽しくてたまらん。性欲強そうなちゃんみおのはしゃぎっぷり。常に汗ばんでフェロモン出してくる感じで。

画像

圏央道が出来て中央道へのアクセスが良くなり、平塚から2時間で韮崎まで行くことが出来るように。SLYことスポーツランド山梨に遠征。最後の道がとんでもない奥の細道で、シャコタンだと辿りつけないかもしれない。入り口のコース下を潜るトンネルが狭くて、でかいトランポだと入れないかも。駐車場が狭いけど、ゴールデンウィークやイベント時はどうなんだろう。甲府盆地に来ると南アルプスが綺麗だね。

画像

ピットが斜めってる。4月の平日、暖かい陽気だったんだけど、自分以外は四輪が一人、二輪がもう一人。富士ショートより更にのんびりムード。コースレイアウトはアップダウンが激しくてたっのしー。路面がバンピーだけどグリップは良いような?そう思って調子に乗ると滑るようで、滑ってるんじゃなくて路面の割れ目継ぎ目で飛ばされてる? 最終コーナー手前の右が気持ちいい。けど最終コーナーはランオフが無くて不安。標高が高いみたいで、キャブが濃くなってる感じがする。タイム出すならスプロケが合ってない。あと、磁気ラップタイマー(Ziix)が使えないので、次来るなら赤外線の奴を持ってこなきゃ。

画像

いろんな意味で峠っぽいので度胸が試される感じ。楽しいコースなのでまた来たい。高速代片道4000円をケチって帰りは下道。「意外と早かったね」とカーナビのしぶりんに言われるくらいで、ボロトランポも調子良くて思ったよりは楽だったけど、途中河口湖山中湖と観光地を通るので週末や観光シーズンは使えないだろうなあ。





記事へトラックバック 0 / コメント 6


続きを見る

トップへ

月別リンク

そらプラモ製作中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる