そらプラモ製作中

アクセスカウンタ

zoom RSS 残暑お見舞い申し上げます

<<   作成日時 : 2016/08/19 09:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

俺の青春を返せ的な企画のアプリリアRS250。もう一周年。光陰矢のごとし。

画像

もうちょっとのところで富士ショートの35秒が切れない。小さいことからコツコツと〜で、マメにブレーキの揉み出しなんかもやるようになった。曲がらん曲がらんと言われるアプリリアRS250だけど、何と比べて?って、そりゃNSRなんかと比べたら何だって曲がらないバイクだろうに。認めたくないんだけど(笑)
自分がNSRに乗ってた京都高雄時代は20年以上前になるので、NSRとアプリリアRSを比べてハンドリングがどうか?なんてもうわからない。エンジンはMC21のが良かったな。

問題のフロントの3.5インチリムに何を入れるか。純正指定120/60のレースタイヤが無い。
α13Hなら120/60があるけど、富士ショートコースは路面が食わないので、出来ればレースタイヤを使いたい。私のような素人はタイヤをケチったらダメ。それでスーパーコルサの110/70を入れたのだけど、これは普通に使える。2セット使った。そのあと同サイズのα13spを入れたのだけど…

画像

リムに引っ張られて潰れちゃって形が変だし角の角度が…。ダンロップのカタログでは110/70に3.5インチリムは許容範囲なのだが。鈍感なワタクシでもちょっとこれは…「フィーリングが悪い」
タイムはスパコルと変わらなかったんだけどね。

画像

で、スパコルSC1の120/70を入れる。フロントの外径が120/60から2cm近く大きくなってる。フロント突き出し、フェンダーはネジ穴開けてかさ上げ。昔の400や600のレーサーで純正指定が120/60の車両ではよく使われていた手らしい。4枠(100分)乗ったところ、これが今までで一番良い感じ。これで35秒切れそうな気がしてきた。
リアはまだα13sp、ショートコースだけなら逆履きで10時間くらいいけそうな予感。

画像

スプロケは現在少しだけロングに振って14-41。速度の落ちる3コーナーは1速。色々試して、いつのまにかスプロケがフロント、リヤとも4枚ずつある。14-40Tか41Tあたりで行けそうな? 
チェーンはRKのTRU。

画像

8月17日。せっかくやる気になったところで、3コーナーの路面が派手に荒れてる。暫くはタイムアタック出来ない感じ。午後コース貸し切りで追い出されちゃって整備もできなかった。


画像

別の日、富士スピードウェイの帰りに丹沢湖に寄り道してバス釣り。3匹釣れた。バークレイのパックロッドはベナベナでワームの当たりがさっぱりわからない。ダム湖は水辺までの上り下りが辛い歳。

画像

今年の夏はピーマンとゴーヤが豊作。去年ゴーヤはダメだったけど同じことやってても毎年違うから面白い。

画像

泥除けとカゴ付きで良い感じに実用車になってる。このバスケット、リアキャリアにアタッチメント着けて、ワンタッチで取り外しが出来る。便利ではあるんだけど役に立ってない。せっかくの新鮮野菜もリヤカゴに入れて運ぶとボコボコ揺られて家に着くまでに傷んじゃうので、バックに入れて背負うしかないのであった。

画像

A747やエルフMOTO2RACEで作った混ガスの残りを食わせている、言わばレーシング草刈機。瞳を閉じれば2ストロークレーシングサウンドと全日本の香りが私をサーキットへと誘う。








月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
残暑お見舞い申し上げます そらプラモ製作中/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる